六本松のくつした屋さん How’s That

六本松の狭い路地にある、古いアパートの二階。リノベーションされた素敵な空間にくつしたを買いに。

ハコイチのくつした屋さんこと「How's That」さんのお店にくつした買いに行ってきました。新しくなった六本松からちょっと入った裏路地、Google Mapがないとたどり着けない場所にひっそりあります。雰囲気あるアパートの二階、階段に靴下がかかっていたらオープンしてる合図。

アンティークのドアを開けると、くつした、くつした、くつした。ハコイチでは店主の二人がこだわりぬいて作った「How's That」ブランドのやみつきくつしたを売っていますが、お店にはほかのブランドも置いてあります。

もう秋色ですね。ツートンカラーのブルーをお買い上げ。今の季節にちょうど良い丈と厚みです。

実はお茶も飲めます。焙じたてほうじ茶は、ほんとうにその場で焙じて、たててくれます。お茶を焙じるための茶器を初めて見ました。なんでも「How's That」の地元奈良では新鮮な茶葉が入荷しにくいらしく(みんな京都に行ってしまうん?)、焙じて飲む文化が根付いているそう。個人的にはほうじ茶大好きなので、素敵な文化だと思います。うちでもフライパンで焙じてみようかな。そんな小話ができてしまうのも、この空間に人を緩めてしまう雰囲気があるから。「How's That」のくつしたファンはハコイチにもたくさんいますが、くつしたの魅力はもちろんだけれど、「How's That」夫婦が好きだからという理由も大きそう。

そうそう、花市場で仕入れてきた生花や、ドライフラワーも買えます。お店ならではね。

実は洋服も置いてある。お友達のブランドだって、「to touch」さん。着心地良くて、動きやすくて、肩がこらないので、一度試着してみてください。私も秋冬のシンプルな黒のトップスを着倒しています。

こっちは「How's That」のくつしたコーナー。ベビーから大き目サイズまで、サイズ展開とカラー展開は広いですが、同じ靴下が少ないので出会って気に入ったら買ってください。そういえばそれぞれのくつしたに名前がついてるんです。ちょっと予想できないネーミングセンスだったので、くつした名前当てクイズしたら絶対に当たらないでしょう。

ほっこりできる空間でおしゃべりしながら、お気に入りの靴下を探してみてください。ついでに服も買えるし、花も買えるし、お茶も飲めるし、石けん(洗剤)も買えます。楽しい場所。

トナカイじゃなくて、鹿。鹿です。

六本松のくつした屋さん How's That
住所:福岡県福岡市中央区六本松1丁目4−11 MM2階202号
営業時間:11時~19時くらい
定休日:不定休
https://www.instagram.com/howsthat_shop/
https://www.howsthat-shop.com/