ハコイチレポート122回目

第122回・2021年12月18日(土)19(日)10時~16時

2021年のラストハコイチが無事に終了いたしました。ご来場、出展ありがとうございました。作家さんのSNSを見ていたら12月のハコイチが今年最後のイベントです、という方が多く、一年のまとめにハコイチを選んでいただけたようで嬉しいです。

さて、土曜日はまさかの寒さ。小雪がちらつくホワイトハコイチとなりました。暖房フル稼働でもなかなか温まらず作家の皆さんには(特にハコビル一階会場の方)ご不便をおかけしましたが、そんな中でも多数のご来場をいただきまして、ほんとうにありがとうございます。

今回からハコ町屋二階の奥に町屋別館という新しい会場もできました。この廊下の奥です。行って大丈夫?と思われた方や、お目当ての作家さんはどこ?と迷われた方もいらっしゃったかと思います。ハコイチならでは、ということで会場の複雑さも楽しんでいただければ幸いです。

青いタイルの床に濃い茶の壁、ととても昭和レトロな空間でした。「sayapico」さんの新作ワンピが、昭和のデッドストックに見えてしまう時空。

町屋の出展希望が多い場合には、こちらの町屋別館会場を使うこともあると思います。

今月はお久しぶりの出展の方も多かったです。2年ぶりとか。でも、皆さん変わらず素敵な作品を作られていました。

「Laugh Rafu -by casaきままねこ」さんは、以前「casaきままねこ」としてシルバーのアクセサリーを作られていました。今回は「Laugh Rafu」さんで、真鍮を使った彫金アクセサリーを出展されました。ホヌ(ウミガメ)やハイビスカスなど、幸せを象徴するハワイアンモチーフをタガネを使って彫られているそう。美しいです。

木彫りの「もくもく堂」さんのブースではこちらのジョウビタキが気に入りました。正面顔が多い印象の「もくもく堂」さんの作品の中で横顔だったのが理由の一つ。特徴的な足の細さを表現するのと作品の強度とを考えた結果、半身になったそう。その結果、自立するブローチとなりました。

イラストレーターで漫画家(多分)の「Chabolabo」さんは、過去の作品をお得なお値段で大放出でした。私がお気に入りの鳥獣GIGAを大人買い。鳥獣戯画を京都の高山寺まで見に行ったおもひで…本物は東京国立博物館にあるんだって…!!解せぬ。

「URIJI工房(ゆりじ工房)」さんの新作は、置物にもなる肩乗り小鳥ブローチ。ハコイチに来るお客さんの両耳はだいたい埋まってるので「肩」ですよ。ブルーオーシャン戦略。ちなみにブローチ部分は丁寧にお尻部分に埋め込んであるため、置物にもなります。

「果実酢と調味料スー」さんも二年ぶり。きれいに透き通った果実酢はあっという間に売り切れに。私も和の粒マスタードをゲット。

「kaepan」さんのゆるいあみぐるみ。この何とも言えない表情がたまりませんね。

初出展ではなかったんですが、前回とは全然違う作品を出展されていたのでびっくりしました「rabby_candle」さん。いい香りのするキャンドルがたくさん。私もラベンダーの香りのアロマバーを購入。

初出展の「Fuku Furawaaa -小さなお花屋さん-」さんは、ディップアートの小さな花々を出展。その繊細な作品にしばし見とれつつ、作り方を詳細に教えていただいてついつい工数を心配してしまうのです…。作品にもよりますが花びら一つ一つ、ワイヤーで形作りディップして彩色…その手仕事に乾杯です。藤の花を載せておきます。

「Big Garden Coffee」さんのシングルオリジン、挽きたてハンドドリップコーヒーの香りが漂っていたハコビル一階。深煎りと中煎りがあって、皆さん好みで楽しまれていたようです。私はコーヒーが苦手なので香りだけ。写真は中煎りの豆です。

「朴訥な革屋」さんは、製造に伴う端革やB、Cランクの革を使いパッチワークで作る、唯一無二の革鞄や革小物を作られています。同じ型紙を使っても同じ作品は出来上がりません。オンリーワンがその魅力。遠く広島からの出展ありがとうございました。

動物刺繍の小物を作られている「chinmari トッチ」さん。干支のトラが生き生きとしていました。ほかにもフクロウやクマなど動物が好きなんだな~と思わせる愛情たっぷりの作品が並んでいましたよ。

「わくわく」さんでは。お正月飾りが人気。チーム小部屋の皆さんがとても和気あいあいとされていたのが印象的でした。楽しんでいただけて嬉しいです。

「Nancy's House」さんは、ブッダナッツという植物を使ったクリスマスアレンジとしめ縄飾りのアレンジのワークショップを開催。

「工房 わらし」さんはきれいな色とすっとした形が美しい陶磁器を出展。花器はサイズ感がインテリアにちょうどよさそうでした。

ほかにもたくさん気になる作品があるんです。日常にピリッとしたスパイスを与えてくれる木工作家の「ピリカラマキアート」さん。これは、星形のテープカッター。飾っても絵になります。社会勉強を、とお子さまと出展されていたのもさすが。

12月恒例の福袋もたくさん。もはや福袋じゃなかった。ハコイチ作家コラボの豪華ハッピーバッグでした。「ccome kanui!」さんが「fujikiyo」さんとコラボして登場した福袋がこちら。人気の冬版厚手のガーゼストールとポーチ、「fujikiyo」さんのミニサイズクラゲアクセサリーが入っていてお得が過ぎるお値段でした。歳末感謝しすぎではと心配になった。ゲットできた方はハッピーです、おめでとうございます。

そんなこんなで12月のハコイチも盛りだくさんでした。会場も増えて出展者さんも過去最大で、正直主催なのに見きれない買い物しきれない感じ…。だって、作品をささっと見るだけじゃなくて作家さんとおしゃべりもしたいですもんね。ついつい各作家さんのブースに長居してしまって…そんな方は私だけじゃないはず。

この一年もHPをリニューアルしたり、おかいものラリーを始めたり、オリジナルテキスタイルを作ったりといろいろ新しいことをやってみました。作家さんに会いに行ってきたよ!シリーズでは、作家さんとのつながりがより深くなったと思いますし(今後も続けますので皆さんのところにも会いに行きますね!)、おかいものラリーはお客さまも作家さんも楽しんでもらってるようで何よりです。テキスタイルはめちゃいいものができた!んですが、私のせいでまだうまく回ってないです。

何はともあれ、今年一年も皆さまのたくさんのご協力でハコイチを続けることができました。本当に感謝しています。また来年も引き続き月に一度ハコイチを開催しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ではまた来月、箱崎でお会いしましょう。ご来場、出展ありがとうございました。

追記。2022年はハコイチ作家さんの個展が続々開催。12月のフライヤーを描いてくれた「М井」さんや木工作家の「SALAK」さん、「スタジオナントカ」さんも。ハコイチ出展時とはまた違った作家さんの世界が垣間見える個展、私もいけたらレポートしますね!皆さんもぜひ。

次回のハコイチ
開催日時:2022年1月15日(土)16(日)10時~16時
入場無料
会場:ハコビル一階・二階・ハコ町屋一階・二階
住所:福岡市東区箱崎2-10-34